スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主義主張

ガンステッドカイロプラクティックは素晴らしい。に、異論はない。もちろん。

ガンステッドカイロプラクティックを否定することはカイロプラクティックを否定するに等しい。

ガンステッドカイロプラクティックを古臭いというなら、カイロプラクティックを古臭いというに等しい。

そのくらい、カイロプラクティックのスピリットをピュアに受け継いでいる。

ガンステッドカイロプラクティックを学び実践するのは、決して容易くない。挫折して、濁ったものにするも、自らを高めるも自由。

自ら行う手技をガンステッドカイロプラクティックと名乗るなら、後者であるべきと思う。
前者であれば、自らに嘘をつくことになる。そこに、いいものはあり得ないから。

全てのことに通じる。この思いは。別のことでも、このスピリットを実践していくことが、非常に重要なことだと実感している。
スポンサーサイト

ガンステッドセミナーに参加して

2012年6月8日~9日に東京で開催された、第7回米国ガンステッドセミナージャパンに参加してきました。

久し振りの顔ぶれも多い中、初めて参加された方々も結構いて、良いエネルギーが立ち込めていた。

今回の参加目的は、治療家としてのカイロプラクティックのルーツであるガンステッドカイロプラクティック、その哲学が自分の中に根付いているかの確認であった。

今回のセミナーでは、色々な出来事が起こった。何も求めず参加した結果だった、と確信できたことが何よりも嬉しい。

ドクターたちは、みなガンステッドカイロプラクターとしての心構え、いや哲学に則った熱いメッセージを私たちにくださった。それを活かすも殺すも私たち次第である。

受講生の学びの姿勢如何で、セミナーの質は果てしなく良いものになっていくという、十分な手応えを感じた。

いよいよ来る!

そう今週末は、いよいよ待ちに待ったガンステッドセミナーだ!

何の機械や器具を使わないカイロプラクティック、治療家と患者さんのエネルギーが直接治療家の手を通じて干渉する!この時治療家のエネルギーがその患者さんにとって良くないものであれば、良いテクニックによって一時的に良くなっても、それは良い結果は生まれないし、何も起こらない。治療家のエネルギーを良くするための第一段階は、やはりカイロプラクティックの哲学をよく理解し分かること。いや、分かるだけでは足りない。頭で理解し心で分かり、その上で腑に落ちないと。

如何にテクニックを磨いて最高の職人になっても、治療家とは言えないのではないか!と、特に思います。

再確認と、素晴らしい波動とエネルギーに満ち溢れたDr.や受講者に会いに行きます。

ガンステッドセミナー再開

来る6月9日・10日に第7回 米国ガンステッド・カイロプラクティックセミナー・ジャパン の開催が決定されました。

http://www.gonstead.jp/

しばらく開催を延期されていたので、大変喜ばしいことです。

テーマは「 復活と飛躍 」 - 治療家として生まれ変わるか、今のままか -

今年は日本国として大きな変革の年でした。誤解をおそれずにあえて変革と言いましたが、変革のチャンスであるということです。

この一年で多くの国民は情報の大切さ、本物と偽物を見極める目を持つことの大切さと、その為の多くの経験をしてきました。

にんげんであり、生きている限りエゴは排除しきれませんが、情報発信者のエゴに染まり歪曲された情報に染まることは不幸のはじまりです。

治療家であるなら、幸せでないとダメだと思います。不幸な治療家にかかる患者さんはもっと不幸です。幸せな治療家とは何か?

ぜひ自分なりの答えを見つけてください!

私自身は第4回から毎回参加していますが、自身の変化が表に現れるにはある程度時間がかかると思います。人それぞれであると思います。

変わる為に必要なことは色々とありますが、カイロプラクターとして変わる為に絶対に必要なことは、確固たるカイロプラクティック哲学を持つことです。

どこで学ぶか?

それは本物のカイロプラクティックを教えている所で学ぶしかありません。本物と偽物を見極める目を持つ方なら、分かります。

一度参加された方は、程度の差はあれ、これは本物であると思われると思います。しかし、自身の中に根付いているでしょうか?私はそれを確認する意味も含めて、参加します。

多くの志しあるカイロプラクターとお目にかかることを期待して。

「ガンステッド」は人々を救う

年に一度開催される、「米国ガンステッドカイロプラクティック・
セミナー・ジャパン」

なぜ、このセミナーはこんなにも強く
「胸が熱くなるのだろう」
「魂を揺さぶられるのだろう」
「涙が溢れ出るのだろう」
受講できる「喜び」と「感謝」で身体が震える。

他のセミナーでは決して真似できない、
特別な空気が会場を包む。
参加者一人ひとりの真剣な「澄んだ気」だ。
この「感じられるエネルギー」をどう表現したらいいだろう。

現在、失いつつある、
「カイロプラクティック」の「哲学」を貫き通す、王道を行く。
知られていないが「ガンステッド」は
「テクニック」ではない、「システム」である。

誤解を恐れずに言うと「このセミナーを受けずに「テクニック」を
形だけ真似ても、残念だが、それは「ガンステッド」ではない。
「もどき」だ。「本物」ではない。「私はそれを知ってしまった。」

現在「カイロプラクティック」と本当に呼べるのは
「ガンステッド」だけではないだろうか。

目的は唯一つ「神経」という名の「エネルギー」を最高に通すため、
「ブロック」された「原因」を正確に「取り除く」ことだけである。
そのために、「アジャストメント」をするのだ。

患者には余計な「ショックを与えず」
「一瞬」で終える治療「アジャストメント」は
まさに「芸術」と呼ぶにふさわしい。

そこには本物だけが持つ「輝きがある」
患者に届く「希望の光」だ。

これを学ぶセミナーだ。
誰もが自分が「カイロプラクター」で
あることに感謝するはずだ。いや、感謝せずにいられない。

だって「ガンステッド」を行うことの出来るのは、
「カイロプラクター」だけだからである。
世界中のどんな「優れた医師」でも「行えない」のだ。

何度も言うが、「ガンステッド」と呼べるのは「本物」だけだ。

「ガンステッドカイロプラクティック」は
「患者」も「カイロプラクター」をも救う

「ガンステッドカイロプラクティック」は
希望を失った人々の「救世主」である。

本物を知らずして「カイロプラクティック」を
ただ「行っている」悩めるカイロプラクターたちにも、

「本物」に出会えず、
「病気が治らず、困っている患者」たちにも、
すべての人々に「希望」と「夢」を与える。

日本で「学べるチャンス」がある。
「カイロプラクター」として、
こんな「幸せ」が他にあるだろうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛知県 名古屋市 森カイロプラクティックオフィス 森先生から熱い思いをご紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。